fc2ブログ

カード別使用感 FOURNIER 818

カード別使用感
07 /05 2009
アクセス解析でGoogleとYahoo!が熾烈な争いを繰り広げていてなかなか面白い。
月初めはGoogle、だんだんYahoo!が追いついてきて、最後にwww.exblog.jpがぶっち抜いていく感じです。でも最近はgoogleさんがギリギリでexblogを追い抜いたりして。

2ヶ月ぶりに載せることになってしまいました。今日の使用感はフルニエ社の二つ目。
「マジックに使える」という前提でU.S.P.C社製以外を探してみると「ポーカーサイズ・白枠があり上下対称の模様」というトランプは、実はかなり見つけ難いです。
ヨーロッパのトランプにはブリッジサイズが多いですし白枠なしの柄物が大半なのですね。

そういった中で見つけたフルニエ社の818、無難な模様は使いやすいでしょうが、505の方がマークドやストリッパーが作られているのでマジックに使いやすいのが玉に瑕。
たまにというか、もろに傷。
今回のカードは穴埋め的なものですので、100個書いた時点でこのカードよりも載せたい物があれば削除してしまうかもしれません。薄幸なカード。
興味のある方は↓からどうぞ。
「FOURNIER 818」
フルニエ社はスペインの老舗トランプメーカー、マジックにもなかなか使いやすい品質のカードを生産しています。最近ですとリー・アッシャー氏が605というサイン入りの505バリエーションを生産して販売しています。
フルニエ社製のトランプは、マジシャンにも魔法を見せてくれるタマリッツ氏、カードカレッジの著者ロベルト・ジョビー氏などヨーロッパのマジシャンによく使用されています。クリス・ケナー氏が使用しているビデオもYouTubeでは見つけることが出来ますね。
U.S.P.C社製のようなよく滑る品質とは異なりますが、手に吸い付くような質感は非常に扱い易いと思います。

お値段は7ドル程度。505と同じくヨーロッパ圏のショップでないと探すのが容易ではないでしょう。ヨーロッパからの送料と合わせると若干高くついてしまいます。

ケースは818の文字やスペイン語でカードを意味する「naipes」、fournier社のロゴなどが描かれています。シンプルなデザインです。ジョーカーはデュプリケイトが2枚とエキストラが一枚。宣伝カードの類は入っていません。
このジョーカーの絵柄は不思議。多分、鳥ですよね?
スペードのAは505と同じくマークの中にフルニエ社のロゴ。このカードはジャンボインデックスです。

裏模様は幾何学的な模様を鉄の柵みたいなものが囲っています。505と比べると味気ない模様にも見えます。
開封直後のすべり具合
「★★★★★☆☆」(7)
滑りすぎずしっとりと手に馴染みます。
ただし空けた直後は殆ど滑らないため綺麗に広げることはできません。

裏模様の見た目
個人的に「★★★★」(4)
マジック用として「★★★★★」(5)
個人的には面白くない模様。白枠ありの上下対称、カラーは赤と青、無難な模様でマジックには使いやすいですね。

スプレッドのやり易さ、広がり具合
開封直後「★★★」(3)
使用後「★★★★★」(5)
あまり滑りの良い質ではありませんので、出した直後はかなり広げにくいです。
しかし使い込むと滑りが良くなってきてある程度広げ易くなります。ファン状にするのも結構改善されてきます。
ところどころダマになってしまって、ツルツルのテーブル上だと広げた時にズルッとカードの断層が途切れてしまうことがあります。
リフルシャフルのやり易さ
「★★★★★☆」(6)
カードの弾力は程よくあり、摩擦も少なく揃え易い。かみ合わせたパケットをアレするフォールスシャフルも行いやすく、とってもシャフルしやすいカードだと思います。
このカードも505同様、少し反りが付き易いでしょう。

ファローシャフルのやり易さ
「★★★★★」(5)
特にやり易い、やり難いといった事は無く、BICYCLEと同じように無難な感じ。
側面の裁断も丁寧でなめらかです。Cartamundi社製のようにコーナーが角ばっていることもありません。フルニエ社のカードは最近のU.S.P.C社製と異なり裁断の方向が一方向です。つまりファローシャフルする時に向きを確かめる必要がありません。
かみ合わせの向きは、裏向きデックのトップからボトムにかけてです。
つまりBee TRADITIONALLY CUT と逆の方向です。

カードの硬さ
「★★★★★」(5)
BICYCLEよりも2~3枚程度薄いのですが、ピンっと強い弾力があります。
最初は硬く、カードが慣れて若干柔らかめになってきます。耐久性は結構あるでしょう。

エンボス加工の有無
無し。
ツルツルです。「PLASTIC COATED」とケースに記載されています。
滑り易さは無く、パケットがブロックのように扱えるためフラリッシュにも十分に使いやすい表質です。その代わりツルツルのテーブルでは広げるのが難しく、マット上でもBICYCLEのように綺麗には広げられません。

何層構造か
3層構造になっています。

値段との釣り合い
[#IMAGE|S1#]
ちょっと高いのですが耐久性や品質から考えて、それに見合った価格でしょう。

[フェイスデザインと白枠]
ジャンボインデックスでANGLOと同じように数札にはクリーム色の四角の中にマークが描かれています。絵札は普通です。フルニエ社のトランプはU.S.P.C社製に比べて、白枠が1mmほど大きく取ってあります。U.S.P.C社は4mmですがこの818や505は5mmです。
参考程度に、ANGLOは2mmです。

総評
手にしっとりと馴染むような扱い易い表質や側面と、耐久性に優れたとっても良いカードです。
ですが505と裏模様以外は同じですので、マジックに使うとしたら505で良いでしょう。505の方が購入し易いですし。

ツルツルペタペタした表質、薄くパケット分割し易いデックなのでフラリッシュにも使いやすいです。505でも書きましたがウィズデックにちょっと似ていると思います。

白枠の大きいデザインなので、白枠の無いBeeデックなどと比べると、手に持った時大きく見えます。前田知洋さんがご自身のブログF.A.Qでオリジナルデザインのタリホーについて次のように述べています。
「日本人の手のサイズに美しく見えるようにフチの幅などを広く変更してもらい完成しました」
前田知洋さんのオリジナルデザインではタリホーの模様自体が一回り小さく、余った部分にゴールドの縁が飾られています。

この818はBICYCLEと比べると白枠の大きさが1mm違うだけなのですが、それだけでもなかなか違う印象を与え、手に持つとちょっと大きく見えるのですね。
カード別使用感 目次

コメント

非公開コメント

No title

ついに使用感ですか。
バイスクルプラスチックを期待。

No title

コメント有難うございます。
BICYCLEのプラは意外によかったです。プラ製特有のニオイが強いですけど。
幾つか「こうだったら良かった」という点もありましたので、使用感で書いていきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメント有難うございます。
それは普通に誤字でした。直しておきます。

表質については参考にさせていただきます。
使用感は客観的な点をかなり無視して書いています。「データベース」を作りたいのではなく、あくまで使ってみた感想を載せているものです。
表面のタイプを「エンボス有り」「エンボス無し」の2通り以上に区分けするのも多分できると思いますが、僕の感じた使用感と、その区分けした「客観的なデータ」で矛盾が出てくると思うのです。
「エンボス無しツルツルに薄い皺あり」タイプにも、フラリッシュに向いているカードと全く向いていないカードがあります。
それなら単純に「フラリッシュに使いやすい(あるいは使い難い)ツルツルの表質です」と書けば済むと考えています。
ですが確かに曖昧な表現でしたので、もう少し細かいタイプ分けも考えてみます。

あすぱら

トマト・お酒・カードマジック好き。
最近はレザーアイテムをチマチマ作っております。