fc2ブログ

1から音楽

イイ音持って出掛けよう
05 /01 2012

 


あ、GWじゃないですか。GW。グリーンウィークは出来ないのでしょうかね。


 


僕は好きな音楽ジャンルばらばらですけど、エレクトロニカは割と良く聞くジャンルのひとつ。でも正直、エレクトロニカってどういうモノなのかはイマイチわからん。


いつか書いたかもしれないけど、no.9が好きでよく聞いています。no.9さんのブログも読んでいますが、そのブログで宮内優里さんというミュージシャンのライブ映像が紹介されていました。


旋律が気に入った、というのもあるけれど、ひとりで音を重ねていくスタイルを見て凄いなぁ、と思いました。僕は、そういう演奏をする時ってテーブルの上の機械を弄るものと思っていましたが、足でボタンを押して切り替えたりしてるんですね。


 



 


同じ曲で違うライブの映像はこちら。


 



 


全部ひとりで、1から音を重ねてあの音楽が出来上がるってのは、、、、う~ん、凄い。あと良い曲だよね。



あとショップのコインを補充しておきました。


開放弦の響き

イイ音持って出掛けよう
09 /08 2011
最近iTunesで購入して気に入っているのがno.9のこちら。

usual revolution and nine

no.9 / Liquid note records


この中の「Meguru」や「Princess」がとても良い。

一つ気になる事があります。
それはこのアルバムの中の、「again and again」という、ピアノとヴァイオリンだけで奏でている綺麗な一曲。
これを聴いていてとても気になった点が、開放弦を多用しているのは何故だろう、という事。

弦楽器の、開放弦と指で押さえている音は全然響き方が違うので、曲の中で開放弦を響かせるとそこだけ浮いて聞こえます。開放弦は他の音に比べると弦の振動幅が大きく、また他の弦が共振することもあるからですね。
響き自体はスーッと通る良い音ですからクラシック音楽の中では開放弦の音を使う曲も結構ありますが、長い音などの場合は違和感が強くなるため4指の音を使います。

さてno.9の「again and again」では開放弦が頻繁に使われているので、なかなかどうして、その音は目立ちます。
これは勿論、指定されてのことでしょうから、城隆之さんの何かしらのこだわりがそこに込められているのでしょう。明日は使用感番外編を一つ。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

イイ音持って出掛けよう
06 /13 2010
「イヤホンを物色していたらiPod touchを買っていた」

な・・・何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった・・・


いやね、断線してもいいようなイヤホン(オーテクの何か安いやつ)がメイさんに嚙み千切られたのかどうか分かりませんが、千切れていたんですよ。
で、最近どんなイヤホンが出てんのかなぁ、と思って家電製品売り場を物色していたんです。

アップル製品の売り場をちらっと見たらiPod Classicとかが売ってまして、そろそろトランセンドのプレイヤーも飽きてきたし(というか8Gじゃ全然足りないし)、今持ってるiPodバッテリーがアレしちゃってるし、新しいヤツ買っちゃおうかなぁと思って、そばにあったtouchを手に取ったんです。

なんかすっごい綺麗。ぬるぬる動くし。
財布の中身確認してレジに一直線でした。



(ちょっとまてよ・・・、僕はキャリアがソフトバンクだし、今の携帯は古い。どうせならiPhone買っちゃうか?)

と思って立ち止りました。

しかし

(いやいや、まてよ、iPhoneは何か新しい奴が発表されたから、今買い変えるのはタイミングが悪い)

と思いなおして、再びレジへ直行です。もはや行く手を阻むものは何もありません。

というわけで僕の音楽環境が再びiPodに戻りました。
iTunesを開いたらバージョンが凄い古かった。そらそうだ、iPod壊れてから開いてなかったし。

あと、テンヨーさんのマジックアプリ。凄い不思議。凄い使える。僕のマジック見慣れてる人に見せたらめちゃくちゃ驚いてた。
あれ?もはやトランプ無くてもいいんじゃね?と思えるくらい驚かれて、色々ショックだった。
やっぱり凄いや、テンヨーさん。小学生の頃からお世話になってます。以前に回答して頂いたアンケートですが、もっとしっかりしたアンケートが出来上がりました!
今週中に掲載するので、このブログをご覧下さっている貴方、もうホント、ポチっと、ポチっとやるだけですから、是非お願いします!

Kettel

イイ音持って出掛けよう
11 /16 2009
お薦めです。

RE:THROUGH FRIENDLY WATERS

KETTEL / TIMOTHY REALLY


不思議な旋律がスーッと流れて頭に入ってくるような。
割と激しいリズムを打っているのに切ないんです。明日は動画を一つアップ。

それ何て読むの?

イイ音持って出掛けよう
07 /18 2009
AphexTwinのエレクトロニカルな音楽CDを。
とっても攻撃的な曲だったり、優しく包むような曲だったり、ちょっと意味の分からない曲だったりします。非常に独特の世界観を醸し出してくれる音楽です。

Drukqs

Aphex Twin / Warp/Sire



アルバムに収められている曲はパッと見て大体読めない。

Omgyja switch
お、、、、おむ、、?

Vordhosbn
ヴぉ、ヴぉーd・・?

アルバムのタイトル自体も「drukqs」、多分、ドラックスと読むのでしょうけど。

あすぱら

トマト・お酒・カードマジック好き。
最近はレザーアイテムをチマチマ作っております。